英語教材を活かす毎日のノルマ

どんなに自分に合ったいい英語教材を使っても、継続的に学習していかなければ英語は上達しない。その為に、英語教材を見つけたら、自分に毎日のノルマを作るのが一番効率的に英語教材を使いこなせる。
(詳しくは英語教材の選び方を参考にしてほしい。)

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

毎日のノルマは、時間制ではなくて、勉強の内容で測る事が望ましい。つまり、時間制にしてしまえば、時間の経過によって学習も終わる事になってしまう。どれだけやろうがどれだけやらなかろうが、一定の時間が過ぎれば終わるのだ。

しかし、英語教材に合わせて、何ページから何ページまでと決めたとすれば、勉強の内容で測る事になり、その分はしっかりと毎日身について行く。身につくまでその日は終われないからだ。その代わり集中してやる様になるので、慣れればスピードも早くなり、またより一層効率もよくなる。

そのようにいい英語教材を上手く使いこなせれば、かなり効率のいい英語教材の使い方をして、英語が上達出来る。それに、毎日のノルマを学習内容に合わせれば、目標も立てやすくなる。

では、どの位のノルマにすればいいのだろうか。それはもちろん、自分で決めるのだが、自分が継続して出来る範囲内で、少し頑張らなければこなせない程のノルマにするのがいいだろう。英語教材を選ぶのと同じように、簡単にこなせてしまえば成長する速度が遅くなる。

少し頑張らなければならないが、継続できる程度。その位が丁度あいのだ。そうして、自分でたてた英語教材に合わせた毎日のノルマを忠実に集中して継続的にやりきって行く事が英語を上達させる方法になる。また、毎日のノルマなので、何かしらの都合によりこなせない日も中には出てくるだろう。

そんな時は、必ず違う日にちで穴埋めをする。毎日のノルマをこなせなかった日に、穴埋めする日を決めるようにしたい。さもなくば、いつまで経ってもやってこない『いつか』に預ける事になってしまう。それでは、決して安くない英語教材を無駄にしてしまう。

Comments are closed.